サカソパソコンスクールって?

パソコンが苦手な方から、プロのクリエイターを目指す方まで
安心して楽しく通える女性のためのパソコンスクールです

♪いまなら入会金無料♪
まずは無料体験へ
TEL 089-948-4690

[2017年版] Facebookページを開設する為の準備と注意点

前回、Facebookページのメリット・デメリットについてお話いたしましたが、今回は実際にFacebookページを開設していく上で、事前に準備するものと注意点をお話したいと思います。

Facebookページの名前

まずFacebookページを開設するのに必要なのが『Facebookページにつける名前』です。いくつか注意点がありますので、確認していきましょう。

既にお店の名前が決まっている場合が多いと思いますが、その名前が使えるのかどうか気になりますよね?Facebookページ利用規約には下記のような記載があります。

● 一般名詞だけを使用することはできません(例: 「ビール」「ピザ」)。
●ローマ字を使用する場合、文法的に正しい適切な大文字表記を使用してください。略語を除き、大文字のみの使用はできません。
●過剰な句読点や商標マークなど、記号の使用はできません。
●過剰な記述や不要な修飾語は使用できません。
●Facebookページで取り上げられている対象の公式ページと混同させたり、取り上げられている対象の公式代理人によって承認されているかのように装ったりすることはできません。

特に注意したいのは、名称の中に含めてはいけない言葉です。一般名詞のみや大文字のみのローマ字表記は使用できません。また、『公式』と表記することや『Facebook』と付けたり、それを変形させて使用することは禁止されています。これらの制限事項を確認してから、名前を決定しましょう。

Facebookページの名前変更

決めてしまったFacebookページの名前は変更できないのか?という質問もよく聞かれます。Facebookページの名前は、変えられます。ただし、『ファン』が200名未満であることが条件です。それ以上の『ファン』がついてしまうと変更はできなくなってしまいます。その後、『ファン』が200名未満になれば、また変更することができるようになります。
『ファン』の方にも混乱を招く恐れがあるので、できるだけ変更しなくていいように名前は決めたいですね。

FacebookのWebアドレス

名前の他にもうひとつ決めておきたいものがあります。それが『FacebookページのWebアドレス』です。Facebookページ開設の過程で、自分の好きな『URL』を設定することができます。設定しなくてもFacebookページとして機能しますが、わかりやすいアドレスを設定することで、検索しやすくなります。また、名刺などにこのURLを記載することで、オフラインからの『ファン』の獲得に期待ができます。チラシやショップカードに記載するのもいいかもしれません。

Webアドレス(ユーザーネーム)をつくる際の注意点はこちらです。

●ページまたはプロフィール用に使用できるユーザーネームは1つのみで、他の人がすでに使用しているユーザーネームはリクエストできません。
●ユーザーネームには英数字(A~Z、0~9)とピリオド(.)のみ使用できます。
●ピリオド(.)はユーザーネームの一部とはみなされず、大文字小文字は区別されません。たとえば、johnsmith55、John.Smith55、john.smith.55はすべて同じユーザーネームとみなされます。
●ユーザーネームは5文字以上とします。また、ユーザーネームに一般名や拡張子(.com、.netなど)を含めることはできません。
すでにFacebookページを開設している方は、トップページの左にある『ページ情報』をクリックし、『ユーザーネーム(ユニークURL)』から設定することができます。

Webアドレスをつくる上でもう一つ注意していただきたいのが、変更が初回登録後1回しかできないことです。なのでWebアドレスは、長い間使えるものを慎重に決めましょう。

Facebookページで設定する画像の準備

Facebookページを開設するために用意するものの中で重要なのが、画像です。Facebookページのデメリットの部分でもお話しましたが、デザインでの他との差別化が難しいため、画像を見た人が、自分の探していたお店や企業だということが、わかりやすいものを選びましょう。

画像のサイズは、プロフィール写真(小さいほうの写真)は160×160ピクセルの正方形で、ページの背景写真は、851×315ピクセルの長方形です。Facebookでは、100キロバイト未満のJPGファイルが推奨されています。ただ、自分の用意した画像の詳細がわからない場合や、加工できない場合にはそのまま使いたいですよね。そのような場合でも、使用はできます。しかし、Facebookで自動で適切なサイズと画質に調整されます。画像をできるだけ高画質で表示させたい方は、上記のサイズを意識すると良いかもしれません。

Facebookページを開設する為の準備と注意点は以上です。後で変更できることもありますので、難しく考えず、いくつか候補を挙げておくといいと思います。